YouTuber

【コムドット 】やまとが嫌い・嫌われている理由16選!炎上も納得できる

チャンネル登録者数300万人を超えるYouTubeチャンネル「コムドット」のリーダーであるやまと(鈴木 飛大)さん。

やまと(鈴木 飛大)さんは書籍も出されており、若年層から絶大な人気を得ている一方で嫌われている側面もあります。

そこで今回はやまと(鈴木 飛大)さんが嫌い・嫌われている理由をご紹介します。

【コムドット 】やまと(鈴木 飛大)が嫌い・嫌われている理由16選!

名前

やまと

本名

鈴木 飛大 (すずき やまと)

生年月日

1998年5月15日

年齢

25歳(2024/5/4現在)

身長

183.0cm

出身地

東京都

体重

63.0kg

血液型

A型

性別

男性

職業

大学生
YouTuber

ではなぜやまと(鈴木 飛大)さんが嫌われているのかを解説します。

理由①盗撮した人にキレた

【盗撮禁止】コムドットやまとのブチギレまとめ【切り抜き】【盗撮禁止】コムドットやまとのブチギレまとめ【切り抜き】

やまと(鈴木 飛大)さんは過去に盗撮疑惑がある人にキレたことがあります。

その際の言葉遣いや言い方に嫌気がさした人も多いようで、やまと(鈴木 飛大)さんのことを嫌う人が多く誕生しました。

また、最近ではTikTok音源を盗作したということでも炎上しましたが、人の盗撮を嫌がるのであれば盗作をしてはいけませんよね。

理由②態度が生意気

やまと(鈴木 飛大)さんはコムドットのリーダーということもあり凛としたツイートをたくさんしています。

ただ、あまりにも凛としすぎているのか「生意気だ」という声が噴出する事態に…。
特に喧嘩腰なやまと(鈴木 飛大)さんのツイートがよろしくないようですね。

理由③身内ネタが多い

コムドットのテーマにある通り、「身内ノリを世界に」がモットーですのでコムドット の配信する動画が身内ネタよりになってしまうことが多いです。

ただ、身内ネタというのはあくまで身内でやるから楽しいものであり全国へ配信するものではありません。
それでも楽しむ視聴者が多いので問題はないような気がしますが…。

理由④数字しか見ていない

YouTuberが生きていけるのはチャンネル登録者数や視聴回数のおかげであるので、数字を重視するのは当然です。

しかし、あまりにも数字を重視した発言が多すぎてうんざりしている人も多いようです。
視聴者を数字としか見ていないと、いつか視聴者に嫌気が刺される時がくるかもしれません。

理由⑤コロナの中で会食をしていた

これはネットニュースにもなりましたが、緊急事態宣言中に大人数で飲み会をしていたということが報道されています。

緊急事態宣言では飲み会や会食は制限するように言われていましたが、コムドット はそれを完全無視。
それをSNS上に投稿してしまったことで炎上してしまいました。

それだけでなく余罪はまだまだあり、あまりいい印象を持つ人は少ないようですね。

理由⑥深夜のコンビニで騒いでいた

Yahoo!ニュースにも掲載されるほどの大騒ぎとなった野外騒音パーティ。

深夜のコンビニで騒いでいたコムドットがうるさい!ということで警察まで出動する事態に発展しています。
近隣住民に迷惑をかけてしまったことについては謝罪がありましたが、謝罪文にも問題が。

指摘されているのは言い訳の多さ。
素直に謝罪すれば問題はなかったものの、言い訳が多すぎて火に油を注いだ状態になってしまいました…。

理由⑦天狗になっている

一気にYouTuberとして成功の階段を駆け上がったコムドットが天狗になっている問題は以前から指摘されていました。

確かに一気にチャンネル登録者数が300万人を突破し、大金が転がり込むようになってきて天狗になる気持ちはわかります。
ただそれを表に出しすぎているのがNG。

理由⑧ナルシストである

そしてナルシストの件です。 これは単に自分がすごくキモいなって思っただけです。 最新ツイートでは (こけて骨見えたけど骨までイケメン) (このレベルのイケメンを出会い系にぶちこむとは生態系崩壊のこと知ってる?)

引用:YouTuberのコムドットについて。

男性皆ナルシスト説というのは前々から唱えられていましたが、やまと(鈴木 飛大)さんのナルシストぶりは厳しいものがあります。

Twitterではナルシスト全開。
ただそれを「かっこいいー!」とはやし立てる若年層の視聴者が多いのでやまと(鈴木 飛大)さんはさらに調子に乗ってしまうのではないでしょうか。

ナルシストについては色々と声が上がっています。

理由⑨ラファエル野球拳が面白くない

@com.youtuber

これで笑わなかったら即引退します。#引退 #あるある #偏見

♬ オリジナル楽曲 – コムドット【更生しました】 – コムドット【日本を獲るYouTuber】

コムドットを一躍悪い意味で有名にした「ラファエル野球拳」。

この野球拳はYouTuberのラファエルさんが冒頭の挨拶でしているものなのですが、それを模倣したものになります。
あくまで身内ネタとして配信をしているので面白くはありません。

もちろん、そんな身内ネタを面白いと感じる人もいます。

理由⑩逮捕されたというデマ情報を拡散した

やまとが逮捕された件について。やまとが逮捕された件について。

2021年5月15日、YouTubeに投稿されたこちらの動画ではやまと(鈴木 飛大)さんが逮捕されたことについて語られています。

しかし、これは完全なドッキリ。
年齢制限がかけられるほど過激なドッキリにTwitter上では不満の声が続出しました。

リアルに逮捕されてほしいと願う人も。

理由⑪コラボ頼みが多すぎる

YouTubeにおいて手っ取り早くチャンネル登録者数を増やす方法が「コラボ」です。

コラボ相手の視聴者を流入させることができるので視聴回数も伸びやすいのですが、その反面で「自力さがない」と言われることにもなります。
コラボをしまくって視聴者を獲得するのはいいですが、自分たちだけの力でのし上がっていくというイメージはつかないでしょう。

理由⑫下ネタが多い

男性YouTuberということもあり、下ネタをいうのは仕方がないことにしておきましょう。

ただ、明らかに下ネタの量が多いです。
しかも、急に言い放つので親の前で見ている人は気まずくなってしまうことが多いようで、あまり下ネタに対していい印象を抱く人はいません。

理由⑬先代のYouTuberが積み上げたものを壊した

今のYouTuberたちの立場があるのは先代のHIKAKINやはじめしゃちょーなどが頑張ったからです。

ただ、その立場を次々と破壊しているコムドットには批判の声が殺到しています。
YouTuberになってすぐ稼げるということは素晴らしいことですが、今の自分たちがいるのは誰のおかげなのかを思い返してほしいものです。

理由⑭やまとのファンが嫌い

これはやまと(鈴木 飛大)さんやコムドットには直接関係のない話ですが、コムドットのファンの民度が低いです。

コムドットの視聴者層は10~20代が多いと言われていますが、若年層がゆえにやまと(鈴木 飛大)さんを叩こうとしている人に対してあたりが強め。
それだけでなく平気で誹謗中傷を言い放つものですから、若年層はあまり気軽に発言しないほうがいいのかもしれません。

理由⑮自分の事しか考えていない

コムドットは平成フラミンゴとのいざこざ問題がありました。

その際に、やまと(鈴木 飛大)さんがX(旧Twitter)に投稿した内容です。

この問題は、コムドットと平成フラミンゴの両者での認識違いで発生したものです。どちらにも落ち度のあった出来事と言えるでしょう。

それにも関わらず、やまと(鈴木 飛大)さんの投稿は、「あくまでも悪いのは、平成フラミンゴだ!」と言っているようにしか見えません。

登録者300万人を超える人気YouTuberであるので、もう少し大人の対応は出来なかったのかと思います。

この投稿の後、コムドットの動画で、やまと(鈴木 飛大)さんの投稿は、コムドットメンバーの総意であること、X(旧Twitter)で投稿せざるを得ない理由があったことを弁明していました。

ただ、本件で、世間からは悪い印象を持たれてしまったことは間違いないでしょう。

理由⑯先輩いじりがひどい

やまと(鈴木 飛大)さんが嫌いな理由として、先輩YouTuberへのいじりがひどいという意見もありました。

特に、エスポワールのけーすけさんへのいじりがひどいという声がありました。

エスポワールは、登録者数140万人越えの人気グループで、けーすけさんは、そのグループのリーダーを務めています。

けーすけは、28歳なので、年上ですし、エスポワールはコムドットよりも先にYouTube活動をしているので、YouTuber歴としても先輩です。

それにも関わらず、やまと(鈴木 飛大)さんは、けーすけさんを結構、いじっています。

でも、これはやまと(鈴木 飛大)さんとけーすけさんの仲が良いから出来ることだとも言えます。

ただ、けーすけさんのファンからすると、推しが後輩にひどいいじられ方をするといい気はしないのかもしれません。

やまとが嫌い・嫌われている理由まとめ

コムドットは今や日本を代表するYouTuberさんであることは間違いありません。

ただ、炎上商法やファンの民度が低いことからあまりいい印象を持たれていないのは事実です。
特に頭が悪い若年層のファンのせいでやまと(鈴木 飛大)さんの評価が下がっているのはいうまでもないでしょう。