YouTuber

サニージャーニーが嫌いな理由3選!病気は嘘の可能性も?

2022年11月に婚約者であるみずきさんが、ガンで余命数ヶ月と公表したサニージャーニー。

当初はそんな彼らに暖かい声援が届いていましたが、2023年2月には少し様子が変わっています。

「サニージャーニー嫌い」や「病気は嘘」などのアンチが現れ、動画は炎上。

治療のためのクラウドファンディングも中止になったサニージャーニー。

そんな彼らに対する世間の声や今の収入について調査しました。

サニージャーニーが嫌い!その理由は?

沢山の意見や考え方があるので、嫌いだと思われる理由には様々な声があります。

・旦那が働いてない

・病気をネタにお金を稼いでいる

・闘病の緊張感が無い

・お金がちらつく

・現実味がない

・衣食住など生活への緊張感

・悲痛さがない

「これが本当の事なら病気(ガン)なのに、旦那はのんびり生活しすぎだ」

という声を見ると、Youtuberという仕事への偏見も多いように感じます。

そんな部分が逆に怖いという意見も多いでしょう。

演出ですと言われた方がまだ許せるような印象を受けたという方もいます。

嫌いだという声をもう少し詳しく見ていきましょう。

サニージャーニーが嫌いな理由1 こうへい

病気になられた本人のことを差し置いて、こうへいさんが先走っているような印象と、病気を語っている時のこうへいさんのテンションが異様に高い気がして、素直に視聴できない

一緒に闘病生活を支えている夫のこうへいですが、それ以外の時間はプライベートな姿も見られます。

そんな彼が理由で、サニージャーニーを嫌いだという意見。

病気になられた本人のことを差し置いて、こうへいさんが先走っているような印象は動画の中でもあるのかもしれません。

たしかに動画とはいえ、病気を語っている時のこうへいさんのテンションが異様に高い気がして、直視できないシーンもありました。

詐病や遊ぶための資金集めのような噂もありますが、そんな噂はただのデマでしょうね。

ただ、単純に表現の仕方やクラウドファンドなどの提案のタイミングなどが先走り過ぎてしまったような印象は受けます。

余計な心労を、こうへいさんがみずきさんに掛けているのではないかと、観ていて辛くなる場面も少なくありません。

こうへいさんについては何か裏の思いがあるのではないかと邪推してしまい、素直に応援できないという意見があります。

サニージャーニーが嫌いな理由2 病気をネタにお金を稼いでいる

ガンのような重い病気についてはいろいろな考えの人がいて、深刻に悩んでいる人もたくさんいますよね。

「そのような病気をネタにするのはどうなのかな?」と疑問に思い嫌いだという意見。

命がけの闘病とお金を結びつけるようなスタンスに、不快感を覚えるという声が多数ありました。

「もしかしたら病人をお金儲けの道具に使用としている?」そんなはずないと思いたいですが、少しでもその可能性を疑ってしまうとゾッとしますよね。

真剣に闘病を応援したいなら、夫婦で支えあえれば良いとも感じます。

今後どういう展開が待っているのかわかりませんが、今のままでは嫌いという意見が増えそうですね。

サニージャーニーが嫌いな理由3 治療への姿勢

治療への真剣な姿勢が欠けているというのも嫌いだという理由の大きな1つ。

確かにガン宣告は辛いし、膵癌でステージ4は想像を絶するでしょう。

しかし、膵癌患者の数は決して少ない訳ではなく、そのほとんどが自己資金で治療をしています。

そんな中クラウドファンディングを募って、批判が有ればすぐに中止。

好感度より治療を優先したと思っていた人から見れば、すこし疑問が残りますよね。

もちろん本人たちは必死だと思いますが、多くの人へ露出があるからこそネガティブな意見も絶えませんね。

【サニージャーニーが嫌い】OFUSEで募った支援金を返金

2023年2月14日に「OFUSEで集めたお金を医療費以外に使う事が納得できない」というDMが届いたことをキッカケに返金を発表したサニージャーニー。

本人たちは説明をしているので、彼女が幸せになるためならなんにでも使うつもりだったと説明。

とはいえ、納得できないという人が出ている以上、返金という手段を取るしかなくなったようです。

最初は「みずきさんが少しでも良くなれば…」と思い寄付していた方も、症状が良くなって元の活動に近づけば違和感を覚えますよね。

寄付金の使い道としては、使用用途が幅広く不透明な部分が多かった事もサニージャーニーが嫌いという理由でしょう。

本人たちはYoutuberに集まるスパチャと似た感覚だったのかもしれませんね。

サニージャーニーみずきの病気は嘘?

「そもそも、ガン自体が嘘じゃないか?」という意見もありましたが、それはさすがにありえないでしょう。

「今までまともに健康診断にいってないのか?」などという声もありますが、検診に行ってて分からない病気もあります。

日本一周中に体の異変に気付いたという事は、出発前には何も気になっていなかったのは事実。

年齢も若いし沈黙の臓器である膵臓なので、まさか自分がこんなことになっているとは思ってもいなかったでしょう。

自由治療の内容がどのようなものか詳しくは分かりませんが、これからは本人に無理のない範囲で生活される方が良いでしょう。

画面上、前向きに治療にも取り組んでいて、みずきさんに対しては、頑張って欲しい!無理はしないで欲しい。という思いで観れますが、

彼女に対する心無い声も無くなると良いですね。

【追記】コレコレが詐病を否定!診断書を確認

サニージャーニーみずきさんのすい臓癌ステージ4について、多くの詐病疑惑の声がありました。理由としては、クラウドファンディングやOFUSEなどで、闘病資金を募集していたこともあり、「闘病を利用したお金稼ぎでは?」という意見があるようです。

これは、登録者200万人越えのYoutuber「コレコレ」でサニージャーニーの詐病疑惑が取り上げられたことで、世間に広まっていきました。

この事に対して、コレコレも罪悪感を持ったのか、真相を突き詰めるべく、サニージャーニーこうへいさんにDMで連絡をしたようです。

コレコレは、zoomのビデオ通話を通して、みずきさんの診断書、抗がん剤治療の書類、診療明細書、検査報告書を見してもらったようです。それだけだと、みずきさん本人の書類かわからないので、みずきさんの運転免許まで確認したとのことです。

見してもらった書類には、すい臓癌ステージ4の記載があり、医師のサインもあったとのことで、正真正銘の診断書であったと証言しています。

コレコレの証言を信用するのであれば、サニージャーニーは、詐病をしていなかったと言えます。

ただでされ、しんどい闘病中に世間から詐病と言われるのは、サニージャーニーが気の毒でなりません。

しかし、クラウドファンディングやOFUSEを実施するのであれば、サニージャーニーから視聴者へ闘病に関する情報発信が乏しかったという意見もあるかもしれません。

サニージャーニーのクラウドファンディングはどうなった?

治療のためにクラウドファンディングを実施すると言っていたサニージャーニーは、途中で中断する結果となりました。

理由は世間からの声が原因で、これからの人生を楽しむことができなくなるから。

確かにサニージャーニーのクラウドファンディングに対しては様々な意見がありました。

病気(ガン)治療のためクラウドファンディングで集金する姿勢には違和感。

「どうしても金集めの印象が強くなる」

「仮に集金するにしてもその場合はチャンネルを闘病生活に特化させ、あまり知られていない病状や治療方法とそれにかかる費用、日々のケアなど、同様の患者に情報を提供できる有益な形にしてはどうだろうかと思う」

「クラウドファンディングやYouTubeで集まった金は治療と同病患者への支援にのみ使い、それを明示する形にしてほしい」

「まだまだクラウドファンディングは市民権を獲切れておらず、不労で集金しようとするネガティブなイメージがあることを認識しておくべきだった」

「病気を患っている現状の苦労は計り知れず応援したい気持ちはあるが、とにかく「病気をネタに金集め」という形に結果的にでもならないことを願う」

「今後の活動も当人達だけ恩恵を受けるのではなく同病の患者さんにまで波及する形を目指してほしい」

「賛も有れば否も有るのだから、自分たちの都合のいいことすれば良いのにと思います」

特に浩平さんがYoutubeを辞めて働けというこえが最も多く、2人を傷つけたようです。

応援してくれる声が多くなると、反対の意見もどうしても大きくなりますよね。

これについては、お金や信頼・治療の中から2人が大切にするものを優先するべきでしょう。

【追記】なぜクラファンが必要だった?治療費がなかったのか

日本には、高額療養制度というものがあり、1ヶ月の医療費が一定数を超えると残りの金額は国が補填してくれるという制度です。

もちろん、その保証があったとしても決して医療費は安くありません。ただ、医療費は抑える事ができ、一般的に自己資金で払える金額です。

それなのに、クラファンを始めようとしたことに違和感を持つ方もいるようです。

このことに対して、こうへいさんが動画で語っています。

クラファンを募った当初は、みずきさんが良くなる可能性がある物は全て試したいという思いがあり、自由診療も考えていたと言います。

自由診療は保険適用されないこともあり、1クール400万とかなり高額な治療になります。

そのため、クラファンを募ったのですが、自由診療は効果が立証されていない治療であるなどの理由から自由診療は受けないと決めました。

身内が癌とわかると出来ることは全てしたいという気持ちになります。詐欺まがりの自由診療でも可能性があるのであれば治療を受けたいと思ってしまうものなのです。

なので、当初、サニージャーニーの2人がクラファンを募った事は、別に変な話ではないと思います。

結果的には、標準治療(現時点で、最も効果が保証された治療)と言われる保険適用の治療を受けることを決め、自分達でも支払うことが可能な金額のため、クラファンは辞めました。

サニージャーニーが炎上した理由とその後は?

サニージャーニーが炎上した原因としては、クラウドファンディングと初詣の2つがあります。

クラウドファンディングについては先ほど紹介しましたが、多くの方からネガティブな意見意見が寄せられる結果となりました。

初詣はそこまで大きな炎上ではありませんが、話題となりました。

実際にどのような事があったのか、詳しく解説をしていきます。

サニージャーニーが炎上した理由 クラウドファンディング

クラウドファンディングで炎上したサニージャーニーへ、世間が抱く声は以下。

「お金さえあれば治る病気なのかはわからないが、クラウドファンディングはちょっと違うのではないのかと思う」

「クラウドファンディングを辞退する前にYouTubeを一旦中止して、普通に資金を作る方法を考え、実行したらいいと思います」

「なんか、YouTubeなどのメディアで病気を売りにして、稼ぐのは個人的には嫌い」

「病気を売りにするのなら、クラウドファンディングを実行し病気治療を行えば良いのに」

確かに病気を治すために費用を募ると言うのは珍しい話ではありませんが、クラウドファンディングは少し違う感じがしますよね。

サニージャーニーが炎上した理由 初詣

初詣も話題となりました。

理由は撮影が禁止されている敷地内での、収益を目的とした撮影。

こちらの映像がYoutubeで流されているので、広告収益が発生しています。

今回は1シーンだったので特に問題無かったのかもしれませんが、ルールはある程度守らないと世間からの評判は下がりますよね。

さらに闘病中にしては、考えや行動が甘い!という声もありました。

自分たちの体調やペースで行動しても、こういった声が多いとお金の為とはいえツライところがありますね。

サニージャーニーのアンチはどれくらいいる?

正確なアンチの数までは分かりませんが、YouTubeで発信するようなことではないと思っている人が多数のようです。

楽しい日常を過ごされている姿を発信しているのですが、視聴者は毎回元気な姿を見るたびに微妙な気分になってしまうようです。

2人にとっては徐々に変わり果てていく姿や、唐突なアクシデントが来た時のために、元気な姿を残しておきたいという気持ちもあるでしょう。

しかし同じがん患者でも、その動画見る暇もなく徒労に暮れている人がいるのが現実。

そう考えると、アンチと呼ばれる人の数は減っていくことはないでしょうね。

ある種、Youtuberという職業が原因と思われる部分もありますが…。

サニージャーニーの収入はどれくらい?

累計収入7万5178円
推定年収5万8607円
再生回数62万6489回
チャンネル登録者数6640人
動画投稿数131本
1動画あたりの再生回数4782回
チャンネル運用期間2年0ヶ月
2021年01月14日~

※数値は独自の収集データによる推測値です。

サニージャーニーの収入は、2022年時点では年間6万円弱程度だったようです。

しかし、これは1動画当たりの動画再生数は4782回だった頃の話。

今はその数十倍程度に膨れ上がっているので、収入もそれに伴って上がっているでしょう。

実際に夫の浩平さんも保育士よりは自由で稼げると話していたので、月に15万円以上の収入はありそうです。

今後もさらに右肩上がりで収益は伸びていくでしょうが、それに伴って今以上に2人への風当たりが強くなるかもですね。

【追記】(2024/1/14)

サニージャーニーの収入について、以下のような情報もありました。

画像:人気YouTuber、sunny journey〜サニージャーニー〜の総収入がすごい!?その収益を年収・時給まで徹底分析! (tuber-ch.com)

総収入が450万を超えています。この金額は、一般的な会社員の年収と同じくらいですね。

共働きの夫婦と比較すると、少し金銭面で心もとない気もします。

ただ、Youtube以外にもインフルエンサーとして活動をしていると思うので、実際はこれ以上に稼いでいるのではないでしょうか。