YouTuber

ドラゴン細井(細井龍)のwiki経歴!整形疑惑や学歴を徹底調査

現在、医者としてではなく、予備校の経営や令和の虎で活躍中のドラゴン細井(細井龍)さんですが、経歴ついて詳しく知らない方も多くいると思います。

そこで、今回はドラゴン細井さんのWiki経歴、学歴や驚愕の勉強法、さらに整形疑惑について過去の画像から現在の顔と比較し、真相を調べてみました。また、ドラゴン細井さんが経営している美容外科のクリニックや医学部受験専門の予備校についても調査してみました。

ドラゴン細井のWiki経歴!常識外れの学歴!

ドラゴン細井さんの経歴は以下の通りです。

ドラゴン細井さんの経歴、学歴

・2000年4月 私立渋谷教育学園幕張中学校 入学
・2003年4月 私立渋谷教育学園幕張高等学校 進学
・2006年3月 私立渋谷教育学園幕張高等学校 卒業
・2006年4月 浪人
・2007年4月 千葉大学医学部 入学
・2013年3月 千葉大学医学部 卒業

経歴を見ていただければ、わかる通り、ドラゴン細井さんは、中学・高校・大学とすべてが高学歴です。

令和の虎を見ていても、その秀才さは垣間見えていますよね。志願者への的確な指摘や論理的で説得力のある説明を見ていると、他の虎(経営者)と比べても、ずば抜けて優秀であることが分かります。

それだけではなく、ユーモアのあるギャグセンスを持っていたり、厳しいだけでなく、時に見せる優しさも視聴者を魅了させる理由です。

そんな、完璧すぎるドラゴン細井さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか。

ドラゴン細井は渋谷教育学園幕張中学校・高校!偏差値70越え

ドラゴン細井さんは、中学受験で千葉県の名門「渋谷教育幕張中学校」に入学し、「渋谷教育幕張高等学校」へ進学しています。

渋谷教育学園幕張高等学校出典:upload.wikimedia.org

渋谷教育幕張高等学校といえば、千葉県で最も頭の良い学校として知られており、偏差値はなんと「76」です。

ドラゴン細井さんは、元々、東京の「麻布中学校」を第一志望としていたようですが、残念ながら落ちてしまったようです。今でこそ、渋谷教育幕張中学校と麻布中学校の学力の差はありませんが、ドラゴン細井さんが受験した当時は東京の有名中学校の方が人気だったと語っています。

しかし、幸いにもドラゴン細井さんは千葉県出身なので、最終的には渋谷教育幕張中学校へ進学して良かったと振り返っています。

ドラゴン細井は千葉大学医学部へ!まさかの2回合格!?

ドラゴン細井さんは、最終的に、一浪の末、千葉大学の医学部へ進学しています。

千葉大学大学院医学研究院・医学部は、人類の健康と福祉に貢献すると共に、次世代を担う有能な医療人・研究者を育成し、疾病の克服と生命現象の解明に向けて挑戦を続けます。画像:https://www.m.chiba-u.ac.jp/

千葉大学の医学部も名門で偏差値は「67.5」もあります。日本の医学部ではTOP5に入る難関大学です。

ただ、千葉大学もドラゴン細井さんの第一志望ではなく、元々、東京大学理科三類、いわゆる東京大学の医学部を目指していました。

画像:https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/schools-orgs/index.html

東京大学理科三類を目指した理由は、渋谷教育幕張高等学校の多くが「東京大学or医学部」を目指していたので、「それなら両方足して、”東京大学理科三類”を目指そう!」というものだったようです。ドラゴン細井さんらしいといえばらしいですね。

しかし、結果的に、東京大学理科三類は合格点に30点ほど足りず、落ちてしまいました。

現役時代も、後期試験で千葉大学の医学部には合格していたようですが、千葉大を蹴って、東京大学理科三類を目指し、浪人の道を選びました。

ただ、浪人時代を謳歌してしまった、ドラゴン細井さんは、東京大学理科三類を再受験するのを諦めて、前期試験で千葉大学医学部を受験、無事合格し、千葉大へ進学することになりました。

ドラゴン細井の受験勉強がすごい!統計に基づく勉強法!?

現役時代に、東京大学理科三類を目指していたドラゴン細井さんですが、その時の勉強法が他の学生とは一味違っていました。

ちなみに、ドラゴン細井さんは、高校2年生まで、全く勉強をしていなかったようで、渋谷教育幕張高等学校の中でもビリの方だったと言います。受験勉強を始めた理由も「女子にモテたいから」という安直な理由だったようです。

そんな後追いの状態から受験勉強が始めったドラゴン細井さんが「最短・最速・再効率」を出すために、まず取り組んだのが、情報収集でした。

その際に愛用していた本がこちら。


画像:https://www.amazon.co.jp

ドラゴン細井さんは、この本を7~8年分購入し、統計を取る事から始めました。東京大学理科三類の合格者がどのような問題集を使っていたか、どこの塾に通っていたか、徹底的に調べ上げて、問題集や予備校を選んだと言っています。

普通、受験勉強のために、情報収集から始めようとは思いませんよね。

高校生の時から、ドラゴン細井さんは周りの学生とは少し異なる部分を持っており、この時期から経営者の片鱗を見せていたようですね。

細井龍は整形している?顔比較が別人すぎた!

結論から申し上げますと、ドラゴン細井さんは整形について、自身で「ノータッチ(整形はしていない)」と言ってます。また、過去の画像を調査してみましたが、急に顔が変わったということはありませんでした。学生時代から、凛々しい目や日本人離れした高い鼻をお持ちでした。

ドラゴン細井さんの整形疑惑がネットに浮上する理由は、知的さやトーク力だけではなく、俳優顔負けのルックスにあります。

ドラゴン細井さん自身、美容外科クリニックの院長であることから、整形について、詳しいはずなので、視聴者が整形しているのでは?と疑うのも不思議ではありません。

今回はドラゴン細井さんが整形していないと言及している証拠動画や過去の画像などから、整形疑惑について調査していきました。

受験攻略の数々のヒントを提案したドラゴン細井画像:https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/259359

細井龍の整形疑惑?自らフル整形宣言!

ドラゴン細井さんの整形について、下記の動画で言及しています。

同じ虎の社長である林社長より、「ドラゴン細井さんの顔が整形なのかどうか視聴者も気になっている。実際のところどうなのか」と質問されています。

この際、ドラゴン細井さんは隠すこともなく「もちろん、フル整形です!」と言ってます。

引用:https://youtu.be/8A6S3RI9EnY

ただ、これもドラゴン細井さんのユーモアのある冗談で、実際のところは「ノータッチ(整形はしていない)」と言ってます。

引用:https://youtu.be/8A6S3RI9EnY

ドラゴン細井さんは、秀才なだけでなく、この整った顔も生まれつきのものなんですね。羨ましい限りです。

ドラゴン細井の整形疑惑について徹底検証!

ドラゴン細井さん自身は、整形疑惑を否定していますが、実際のところどうなのでしょうか。過去の動画を遡って、検証してみたいと思います。

◆最新のドラゴン細井(35歳)

引用:https://youtu.be/Jppsl76APEU?si=kuVT_VN6TyCBnZrh

2023年12月にアップロードされている動画ですが、ドラゴン細井さんの年齢は35歳です。アラフォーになっても、相変わらずイケメンです。

◆20代後半のドラゴン細井(28歳)

 

28歳の時のドラゴン細井さんです。

今より、少し痩せてるように見えますね。顔がスリムな気がします。

ただ、顔立ちは今と変わっていませんね。

◆大学時代のドラゴン細井(24歳)

ドラゴン細井さんのインスタグラムに大学6年生の写真がアップされていました。

学生時代は、アルバイトでホストをしていたことのもあるドラゴン細井さん。

確かに、ホストのような雰囲気を醸し出していますね。このルックスと持ち前のトーク力があれば、きっとホストでも人気だったのではないでしょうか。

◆高校時代のドラゴン細井(16~18歳)

この動画のサムネ画像が渋谷教育幕張高等学校時代のドラゴン細井さんのようです。

大人びすぎていませんか。

最初見た時は、コスプレの画像かと思っていましたが、そうではなく、本当にドラゴン細井さんの高校時代の画像のようです。

その証拠はドラゴン細井さんの後輩との対談で、ドラゴン細井さん本人が、「僕の時は、茶髪・ピアス・腰パンみたいな感じだったのですが、今はそんな人はいらっしゃらない?」と言ってます。つまり、この画像はドラゴン細井さんの高校時代のもので間違いないでしょう。

引用:https://youtu.be/VjVw5HgBPgI

ドラゴン細井の整形疑惑!真相は?

ドラゴン細井さんの画像を遡ってみましたが、驚くほど、顔が変わっていないことが分かります。高校時代の画像と最新の34歳の画像を見比べてもさほど違いがありませんよね。

アラフォーになっても、学生時代とあまり顔が変わらないなんてすごいですね。

整形はしていないにしても、美容に詳しい可能性は大いにあり得ます。日頃から美容には気を使っているため、このルックスを保っているのかもしれませんね。

結論、ドラゴン細井さんの「ノータッチ(整形はしていない)」宣言は真実と言えるでしょう。

細井龍のクリニックはどこ?美容外科の院長!

令和の虎で活躍中のドラゴン細井さんですが、どのこクリニックの院長なのでしょうか。

ドラゴン細井さんが院長を務めるクリニックは、「アマソラクリニック」です。

2020年3月20日にオープンしたようです。

アマソラクリニックは、東京都渋谷区を拠点としており、東京メトロ渋谷駅から徒歩30秒と駅近で好立地です。

ちなみに、アマソラクリニックの由来は、「天空」のようです。

同じ空を見るにしても、その時の心情によって、見え方が違いますよね。

どうせなら、”より良い空を見て欲てほしい、景色を見てほしい”という意味があるそうです。あとは、音的にも可愛いし、読みやすいというのも理由にあるようです。

意外と、ドラゴン細井さんはロマンティックな一面もあるんですね。ネーミングセンスも抜群です。

細井龍は医学部受験専門の予備校も経営!

ドラゴン細井さんはアマソラクリニック以外にも、医学部受験専門の予備校の経営もしています。その予備校の名は「MEDUCATE」です。

MEDUCATEを設立するきっかけとなったのが、ドラゴン細井さんが大学1年生~6年生まで講師としてアルバイトしていた経験によるものだそうです。

ドラゴン細井さんは講師という仕事を通して、”自分と出会って、人生が変わった生徒がいること”を実感し、「次の世代に何か引継いでいる」という感覚が芽生えたと言っています。

ただ、ドラゴン細井さんは医者としても働いてたため、どうしても時間がないことに悩んでいました。そこで、自分が培ったノウハウを後輩達に伝えて、”正しい教育を行う塾を作ろう”と考えたのが、MEDUCATE設立のきっかけとなったようです。

ドラゴン細井の年収は?6000万円越えは真実か

人生勝ち組のドラゴン細井さんですが、年収はどれくらいなのでしょうか。ドラゴン細井さんの年収について調べていきます。

ドラゴン細井さんの年収は6000万円であることがわかっています。
これを聞いて、高いと思ったでしょうか?それとも低いと感じたでしょうか?

一般人からすれば、年収6000万円というのはとんでもない額ですが、ドラゴン細井さんならもっと年収が高いのでは?と思った人もいると思います。

実際、ドラゴン細井さんはもっとお金を稼いでいます。しかし、税金の関係から自分の財布に入るのは6000万としているようです。

つまり、実際のところドラゴン細井さんは億を超える年収を稼いでいるのでしょうね。

ドラゴン細井の家は都内の一等地で家賃は200万!

ドラゴン細井さんの家賃は200万であることがわかっています。ドラゴン細井さんの月収が500万円とのことなので、月収の半分近くが家賃ということですね。

場所は、都内の一等地で一平米1万円とのこと。家賃200万ということは、200平米ですね。200平米は、約110~138畳なので、かなり広い部屋になりますね。

都内の一等地に、これだけの家を構えられるのは流石ですね。

ちなみに、家賃200万は、他の令和の虎である林社長、桑田社長、株本社長の中でも最も高いようです。

ドラゴン細井は結婚している?子供は2人!

なんとドラゴン細井さんは結婚しているようです。さらにお子さんもいるようです。
しかも、2人!
夫としてのドラゴン細井さんも父親としてのドラゴン細井さんもあまり想像できないですね(笑)。

ただ、ドラゴン細井さんは令和の虎の中でも良識のある人物なので、奥さんも大事にしているでしょうし、お子さんも上手に育てているのではないでしょうか。

ドラゴン細井さんは、過去に以下のようなツイートをしています。

約5年前のツイートですが、ドラゴン細井さんは、この時点で既に結婚していたのでしょうか。そうであれば、ドラゴン細井の奥さんは、年収3000万円くらい稼ぐ人物なのかもしれません。

ドラゴン細井のwiki経歴、プロフィールまとめ!

ドラゴン細井さんの経歴や整形疑惑について、調べていきました。やはり、ドラゴン細井さんは言わずもがな、優秀な経歴の持ち主でしたね。

ただ、その反面、中学受験や大学受験の失敗など、挫折を経験もしていることがわかりました。

また、整形疑惑が浮上していたドラゴン細井さんですが、ほぼ整形はしていないと言って間違いないでしょう。過去の画像を見ても今と同じようにイケメンでした。

他にも、ドラゴン細井さんの経営しているアマソラクリニックやMEDUCATEについても紹介してきました。まだ若いのに色々と成功を収めているのは本当にすごいと思います。ドラゴン細井さんの一層の活躍を祈りつつ、この記事のまとめを終了させて頂きます。

ドラゴン細井さんのプロフィール

氏名:細井 龍(ほそい りゅう)
愛称:ドラゴン細井
職業:医者、経営者、Youtuber
生年月日:1988年6月8日
年齢:35歳
身長:体重 173cm 60kg
血液型:A型
星座:ふたご座
出身:千葉県